Amazon広告よりも効果のあるSEOノウハウ

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2015-11-06 19.53.08

昨日メディアに掲載されたという商品ですが
よくよく調べてみると結構いい反応がありました。
・ヤフーニュース ランキング3位
・mixiニュース ランキング2位
・LINEニュース トピックス掲載

他にも色々なところで掲載されており
ツイッターでは昨日の夜の時点で
376件リツートされていました。

これが多いのか少ないのかわかりませんが
ヤフーやmixiのニュースでは他の記事と
コメント数などが郡を抜いて多くありました。

昨日のお昼頃話題になったのに、
夕方にはランクインしてしまうとは
ネットのスピードの速さに驚きます。

ヤフーニュースやツイッターで反応が
あると何がいいの?

と疑問に思うかもしれませんが、これは
凄いメリットがあります。

例えば、今回の商品はAmazonのリンクが
記事には貼られています。

Amazonの上位表示には

その商品ページへのアクセス数
その商品の売上

などが関係してきます。

Amazonにアクセスして商品を見る人は
多い時でも数千万人ですが、

ヤフーは月間60億のアクセスが
あるので、そのうちの1%の人が
見るだけでも

Amazonの利用者が全員僕の商品を見ていると
言っても過言ではありません。

そんなアクセスが集まれば一気に
上位表示されますので
SEO対策とか、キーワードだ、とか
そういうレベルの話しではありません。

更にブランド名がネットで検索を
されますので、ブランド自体が
上位表示され、外部検索からも
強くなります。

グーグル、ヤフー、Amazon

どの媒体から検索しても僕の商品は
上位に表示されるようになる、
という事です。

これがネットでバズるメリットです。

ネットビジネスで大事な事は
まず何よりも「アクセスを集める」
という事が大事になります。

つまり「商品を見てもらう」事です。

今はSNSがあるのでバズれば情報は
一瞬で拡散され、アクセスは一瞬で
集まります。

商品さえ見てもらえれば、あとは
そのページでの成約率次第なので

成約率が1%あるだけで
100アクセスに1個売れる計算になります。

今回の件で、60億アクセスある
ヤフーから1%の6000万人の
アクセスが集まるとして、

そのうちの1%の人が買えば
60万個商品が売れるわけです。

実際はそこまでいきませんが、
アクセスが集まるだけでページの
成約率が1%でも爆売れします。

また、売上だけではなく、その副産物として
メディアとのコネも出来ますし、
展示会で商品を売りやすくなります。

「ヤフーニュース掲載商品!」

という事を書くだけで、一気に注目されます。

商社の人はヤフーニュースに載る事がいかに
難しいか知っているので、それだけで
「ヤバイ商品」という事になります。

ニュースに掲載されるだけでなく
ランキング3位なので、権威性は抜群です。

1つでもそういう商品を作れれば
商社は話を聞いてくれますので
他の商品も提案しやすくなります。

別に今回の商品が売れなくても
バズるだけで色んなメリットが
出てきます。

そういう事を考えながらビジネスを
組み立てていくのって面白いです^^

バズらせ方とか、メディア受けする
商品の特徴、

更にどうやってバズが起こっていくのか
当事者として見ていたので何となく
わかってきました。

ある程度は狙っていけそうなので
こういう商品を次々と作っていって
多くの実例を会員の方に紹介して
いければと思います。

広告やセールというような、モール側に
提供されたようなものだけではなく、

自分でこうやって集客出来れば他の店舗と
大きく差別化出来るようになります。

個人が大手に勝つには、こうした
地道な積み重ねが大事になりますね^^

 

 

本当に信頼出来る中国輸入代行会社をお探しの方!

ここであなたのパートナーとなる代行会社が待っています。

中国輸入代行会社比較サイト

 

高額スクールやセミナーの内容を全て暴露!

中国輸入ビジネスが完全無料で全て学べます。

中国輸入ビジネスアカデミー

 

中国輸入ビジネスアカデミーではメルマガも発行しています。

ブログには書けないグレーな情報や裏技などはメルマガで公開しています。

最新情報や裏情報を知りたい方は是非登録してください。

メルマガの登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 84b418f7
  2. AN16_002_B1
  3. 20081019_05_01-2132
  4. hanro01
  5. B6AhxmMCAAAjHpl
  6. 価格<価値イメージ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。