中国輸入代行会社紹介〜中国輸入代行HAM(ハム)〜

この記事は2分で読めます

taobao-ham_840

この記事では中国輸入をするにあたって必須となる

代行会社の紹介をしていきます。

 

今回ご紹介するのは「中国輸入代行HAM(ハム)」という代行会社です。

 

HAMはあまり広告や宣伝を行っていないので知らない方も多いかと思います。

 

なので、あまり儲かっていない、小さい代行会社なのかなと思う人もいますが

実は稼いでいる人のほとんどが使っている代行会社です。

 

一度利用したお客様のほとんどが長く継続的に利用しているため、

宣伝等積極的にしていません。

 

稼いでいる方、実際に使っている方が口コミをするほどなので

サービスはとてもいいです。

 

手数料や国際送料、その他サービスについて、HPでの掲載情報では、

特別に安いわけでもなく、特別なサービスが、あるわけでもありません。

(国際送料はかなり安いです。)

他の代行業者と内容はほぼ同じです。

 

しかし、それでも口コミが出来るという事はサービスの質、

中身がとても良いという証拠だと思います。

 

問い合わせに対するレスポンスの早さだったり、

お願いをした際の対応の内容であったり、

OEM等を作る際の品質や頼れるパートナーであったり、

様々な部分で中身が圧倒的にレベルが高くなっております。

 

その為、一度使ったら離れられないという方も多く利用しています。

 

また、Amazonで販売している方にとってはFBA納品代行のシステムも

非常に安心出来るものとなっております。

 

最近ではアマゾン側の受取基準が厳しくなっており、箱つぶれや

商品汚れがあれば受取拒否をされてしまう事も多々あります。

 

特に中国からの配送だと、中国内部での配送中にパッケージ等が

潰れてしまう事もよくある事です。

 

そのせいで納品不備による返送や再検品などで無駄なコストが

かかってしまう事がありますがHAMでは日本に事務所を構えて

そこからFBAに納品を行っております。

 

中国から直接FBAへ納品ではなく、中国からHAM事務所へ届け、

その後FBAへ納品している為、パッケージや箱潰れ等の納品不備の

心配は一切ありません。

 

また、凄い事に日本での納品チェックは無料で行っているので

日本品質での検品に関しても追加のお金をかけずに済みます。

 

流通システムとしても強いものを持ちながら、実は商品開発も強みを持っています。

 

HAMさんの代表の方は元々中国での工場で労働経験があるので、

商品開発においての手順や気をつけるべき点を熟知しております。

 

また、その時の経験を活かした工場関係の人脈は強くOEM開発において

熟知をされている方でもあります。

 

事務所も広東省という、中国の中でも輸出商品を多く作っている工場が

集まっている地域にあるので、何を作るにも近く、工場と直接交渉を

する事が容易に出来ます。

 

商品に必要な知識と人脈、立地を兼ね備えているのでOEM製作において

本領を発揮すると言っても過言ではありません。

 

初心者の方の不安な部分も解消出来るほど対応はよく、

商品開発においても随一の力を発揮するHAMは料金だけを見るような

「片手間」で「簡単」に儲けようと考えている人ではなく、

地に足を付けて真面目にビジネスをしたい、安心・信頼出来る

ビジネスパートナーを探したいという方にピッタリな代行会社です。

 

中国輸入代行会社 中国輸入代行HAM(ハム)の本音 

 

中国輸入代行HAM(ハム)のホームページと連絡先はこちら

ホームページ

 

他にも中国輸入代行会社にインタビューをしております。

カテゴリーの「中国輸入代行会社」をクリックしていただくとインタビュー一覧が見れます。

 

全ての中国輸入代行会社を徹底比較・まとめた記事はこちら

中国輸入代行会社比較サイト

 

高額スクールやセミナーの内容を全て暴露!

中国輸入ビジネスが完全無料で全て学べます。

中国輸入ビジネスアカデミー

 

中国輸入ビジネスアカデミーではメルマガも発行しています。

ブログには書けないグレーな情報や裏技などは

メルマガで公開しています。

最新情報や裏情報を知りたい方は是非登録してください。

メルマガの登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. hinaka_840
  2. banar-taobao
  3. 1389218274778509374
  4. taobaoline
  5. taobaochannel
  6. logo-large
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。