Amazonでの新しい施策、ベンダーエクスプレスと配送追跡指標

この記事は3分で読めます

amazon01_s

最近Amazonの動きが激しいですね。

ベンダーエクスプレスが始まったり、

配送追跡指標の指標追加が始まったり、

これについて今回はお話しします。

この変化は人によって反応がかなり

変わっていると思います。

それもそうで、この変化は

どこまで深く考えているか

どこまで広く見えているか

によって変わってくるからです。

Amazonに卸せるようになったんだー

へー、凄い。なにか卸せないかなー

とか

卸しっていうことはOEMをしている人は

簡単に卸せるようになってビジネスが

安定するんじゃないかな

とか

配送追跡指標が追加されたから

追跡番号をしっかりつければ

カート獲得率が上がる

とか

カート獲得率が上がっても新規出品を

している自分にはあまり影響ないな

とか

そんなことをよく聞きますが、

そういうのは表面的な部分で

今回の変更を活用することで

もっとエグい事をすることができます。

これからますます売れない人は

まったく売れなくなるし

売れる人の売上はググッと上がる

状態を作れます。

更に販売戦略を持てない人は

取り残されるでしょうね。

普通のビジネス同様、どこに

ゴールを設定するかによって

どう販売していくかが変わります。

例えば・・・

商品を育てていき、商品をガッツリ

売っていくのか

それともAmazonに商品を卸していき

利益は低くとも安定的に売上を

確保していくのか

これだけでも展開方法は変わります。

多分多くの方は商品を育て、単品商品の

売上を上げていくという方向でいくと

思いますが、

今後の流れ的にAmazonに商品を卸す

という方がAmazonで販売する上で

長期的かなとも思います。

もちろん卸価格が低すぎて買い叩かれる

ことが安易に予想されますが

中国輸入の場合は利益率が凄くいいので

安く買い叩かれても十分利益を出すことは

可能です。

また、Amazonに安く買い叩かれても

他で利益を出すという方法もあるので

フロントエンドとして割り切ることもできます。

結局は仕組み作り、販売戦略が大事だな、と

書いていて思いました。

Amazonで売っていく為には

Amazonがなにを考えて

 どういう方向に進みたいのか?」

を理解して、それに沿うように

行動していくことが大事です。

SEOを上げる為にグーグルでの

検索順位を上げる為に、

グーグルがどういうサイトを優遇するのか?

どういうサイトを上位表示させたがっているのか?

を理解するのと同じですね。

Amazonの方向性を見ていると分かりますが

Amazonは全てを持って行こうとしています。

それはAmazonで扱う商品もそうですが

物流やシステム、生活週間も全てです。

物流は、現在中国でAmazonは自社物流システムを

取得したので、物流コストの削減もそうですが

今後これを広げヤマトや佐川などではなく

自社物流を展開してくるかもしれません。

金融システムも、Amazonカートという

カートシステムがすでに出来上がっています。

Amazonのユーザー数は月間のアクティブな

ユニークユーザーだけでもパソコン・スマホ

合わせて4904万人います。

日本の3人に1人が毎月Amazon

利用していることが分かります。

それだけの数の利用者がいれば

他のサービスを使っていても

フェイスブックログインのように

Amazonログイン」が出来れば

それを使いたくなるのは当然です。

どのネットショップで買い物しても

新しくカード情報などを入力せずに

らくらく買い物が出来てしまいます。

Amazonカートを使っていないお店は

使っているお店に比べ不利になる

可能性はあります。

また、Amazonは生活にもゴリゴリ

入ってきて、定期購入がいい例です。

何も考えずに必要なものが毎月

自動的に届くうえに安く買える。

欲しいなと思った商品があれば

1時間以内で届く事もあるわけです。

他にも金融の世界にも足を

突っ込んでいるので楽天同様に

そのうち銀行が出来そうです。

話しが長くなってしまいましたが

つまり、Amazonは自社で全て管理

出来る仕組みをどんどん広げています。

それはAmazonの商品も同じで

Amazonで扱う商品でいい商品は

自社で扱いたいわけです。

だからベンダーエクスプレスを

特別な人以外にも広げ、商品を

かき集めれるようにしています。

売れる商品はAmazonが扱うよ

っていうことです。

もちろん自社で継続して販売することも

可能ですが、大口の取引先の確保や

カスタマー対応などにおいてAmazon

卸すメリットもあるわけです。

今回のAmazonの動きでOEMに集中して

動いていた方は追い風になりますし

戦略として間違っていなかったとなります。

相乗りだけで動いている人はジワジワ

影響を受ける気がしますが、急には

こないと思いますので、カート獲得率を

上げつつ、OEMなり、新規出品なりに

移行した方がいいです。

Amazonは一番売上が期待できる販路です。

だから、頭使って戦略練っていかないと

結果に大きく影響が出ますし

下手するとAmazonに全部持って行かれます。

1日でいいので、時間をとって戦略を練る

ようにしてみてください。それだけで

結果は大きく変わっていきますよ。

本当に信頼出来る中国輸入代行会社をお探しの方!

ここであなたのパートナーとなる代行会社が待っています。

中国輸入代行会社比較サイト

 

高額スクールやセミナーの内容を全て暴露!

中国輸入ビジネスが完全無料で全て学べます。

中国輸入ビジネスアカデミー

 

中国輸入ビジネスアカデミーではメルマガも発行しています。

ブログには書けないグレーな情報や裏技などはメルマガで公開しています。

最新情報や裏情報を知りたい方は是非登録してください。

メルマガの登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. S__10477616
  3. 160128gaikokutuiki4-650x433
  4. img_0
  5. 2816c469
  6. outrage-04
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。