Amazonが送料を取るようになった!ピンチ!

スクリーンショット 2016-04-09 17.48.15
Pocket

Amazonがついに送料を取り始めましたね。

これについての対策や戦略は会員の方に
シェアしていこうと思っていますが、
これってマジでチャンスですね。

Amazonが送料をとるという事に対して
色んな方が色んな反応をしていますが
だいたいがネガティブな反応な気がします。

「売り上げが下がるのでは?」
「安い商品はもう終わった」
「送料がかからない販売額にすべき?」

みたいな色んな反応があります。

みんなAmazonに振り回されてますね(笑)

Amazonもバカじゃないので
勝つ見込みがあるから送料を
追加しているはずです。

僕みたいな一般人にはその真意は
分かりませんが、

Amazonで販売させていただいている以上
文句は言えませんし、それに対応して
いくしかありません。

じゃあやることは何か?

それは文句を言うわけでも
販売価格を変えるわけでも
商品を変えるわけでもありません。

Amazonが送料をとるなら
それに合わせた販売戦略を立てれば
いいだけです。

・これについてお客様はどう思うか?
・どうしたらお客様がメリットを感じてくれるか?
・送料がかかるデメリットをメリットに変えれないか?

「悲観」することは誰でも出来ますが
そんなことをしても売り上げは上がりませんし
むしろ下がる一方です。

だったら僕達が今やるべきことは

「今出来ること」

をしていき売り上げを上げていく事だけです。

ただ、別に難しく考えることはなくて

「自分がお客だったらどうされたら嬉しいか?」

これを考えるだけです。

販売者側になるとつい忘れてしまいますが
僕達が見るべきは「お客様」であり、
「お客様」からお金をいただいているわけです。

ただ、周りを見ると

・ライバルセラーがどうのこうの
・Amazonがどうのこうの
・○○さんがどうのこうの

と、全く見当違いの方向ばかり見てます。

もちろん周りを見ることは大事ですが
一番大事なのはお客様です。

それが見えていないといい戦略も
立てられません。

インターネットなので見えにくくなって
いますが、パソコンの先には人がいます。

Amazonとか楽天とかってオフラインで
考えるとイオンやヤマダ電機みたいなものです。

休日とかにフラッと寄った時に店員が

「給料が安くてキツいんですよ」

「あの店員さんには言わないで私に
声をかけてくださいね」

「隣の○○っていうお店って実は
サポートが全くダメでクレームが
酷いんですよ」

しか言わずに商品の説明や提案を
してほしいのに、それしか言って
こなかったり

店員同士がペチャクチャ喋ってて
しかも内容が同僚や上司の愚痴
ばかりだったらどうでしょうか?

僕だったらそんなお店二度と
行きたくないです。

「自分はそんなことしていません。
商品ページもしっかり作っています」

という方がいるかもしれませんが、それは

「お客の前だけいい格好をする」

そんな状態になっていませんか?
ということです。

お客様もバカではないので
自分のことを考えてくれているか
どうかはすぐに分かります。

売り上げが伸び悩んでいる人ほど
お客様ではなくライバルやテクニック
ばかりを見ています。

視点をお客様に戻せば今回の変更は

「むしろチャンスだ」

というのが分かると思いますし
戦略も立てやすくなります。

「チャンス」は相乗りをしている人も
新規出品もしている人も来ているので

相乗りだから、新規出品だから、

というくくりはありません。

「ピンチだー」と思ってしまっている方は

「どうしたらお客様が買いたくなるのか」

を一度じっくり考えてみてください。

そんな難しい問題ではないですが
これがうまくいけば一人勝ち出来ます。

だってライバルはそういうことを
考えれないから売り上げは下がります。

ということは、その分の売り上げを
こっちが拾えるわけです。

ちゃんとやっている人との差が
ここで大きく出ますのでここで
一気に差を広げていきましょー^^

今回の変更で、僕なりの販売戦略は
会員の方には後ほどシェアしていきますので
ぜひ楽しみにしていてください^^

 

 

本当に信頼出来る中国輸入代行会社をお探しの方!

ここであなたのパートナーとなる代行会社が待っています。

中国輸入代行会社比較サイト

 

高額スクールやセミナーの内容を全て暴露!

中国輸入ビジネスが完全無料で全て学べます。

中国輸入ビジネスアカデミー

 

中国輸入ビジネスアカデミーではメルマガも発行しています。

ブログには書けないグレーな情報や裏技などはメルマガで公開しています。

最新情報や裏情報を知りたい方は是非登録してください。

メルマガの登録はこちら

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*