ドラクエから学ぶ人生の攻略本の見つけ方

Pocket

多分多くの人があまり意識していないと
思いますが、「自分の成功パターン」を
意識すると失敗する確立がググッと減ります。

人生の攻略本を見つけてしまった

この事に気付いたのはつい最近のことですが
僕もこの「成功パターン」に気付いて
いませんでした。

気付いていない、というか知らなかったので
面白そうと思ったビジネスは全て手を出して
しまい、ほとんど失敗していました。

「10戦1勝」

と言われるビジネスの世界なので
それが普通だと思ってあまり疑問に
思っていませんでしたが

実は理由は勝率とかそういうのではなく
始める前からうまくいくかどうかは
ほぼ決まっているのです。

自分がうまくいく方法 = 自分の成功パターン

と思っていただければ分かりやすいと思います。

もっと分かりやすく言うと、ドラクエなどの
ゲームではそれぞれ役割分担がされています。

勇者は万能型、戦闘も支援も出来る
魔法使いは前に出れないが後ろで魔法で支援
僧侶も前に出れないが後ろで回復で支援
戦士は戦闘しか出来ないからとにかく前で戦う

という感じです。

例えば、魔法使いが

「もっと前に出て敵を直接殴りたい!」

とか言い出したらどうでしょうか?

ダチョウ倶楽部並に「いやいやいやいや」とか
言って止めると思います。

それはなぜか?

だって体力ないし、攻撃力もないですからね。

2、3発攻撃くらったらすぐに死にそうです。

つまり「ただの役立たず」になるわけです。

ですが、後方で魔法をガンガン打っていれば
戦士以上のダメージを的に与えることが
出来る頼もしい存在です。

というように、人にはそれぞれ向き不向き
というのがあって、出来ること出来ないことって
決まっていることが多いです。

「現実はゲームとは違う」

と言われる方がいるかもしれませんが

・経験値を貯めるとレベルが上がる
・戦士や僧侶のように、営業や事務などの職業がある
・強くなればなるほど戦闘が有利になる
・町の外に出ると様々な出会いがある

他にも色々あると思いますが、
似ていることばかりだと思います。

苦手なことを無理やりやっていませんか?

話しを少し前に戻すと、つまり人には
向き不向きというのがあるということです。

例えば、僕は営業が得意ではありません。

理詰めで淡々と話すし、大勢よりも
少人数を好みます。

ですので、僕に営業をやらせても
新卒程度の結果しか残せません。

ですが、マーケティング関係は得意なので
商品の販売、集客、全体の設計などは
他の人よりも出来る自信はあります。

これとは逆で、営業や人との折衝は
得意だけど細かい仕事が苦手・・・という
方もいると思います。

ドラゴンボールの孫悟空という最強の戦士が
いるのですが、彼に戦闘のお願いはすると
思いますが、事務や経理をお願いして
うまくいくと思いますか?

多分かなり厳しいでしょう。

話しが長くなってしまったのでまとめると
「不向き」なことはやらずに「向いていること」
だけをやっていくことで成功率は上がるよ

ということです。

僕が過去を振り返ってもうまくいったことって
自分に向いていたことだけなんですよね。

それが分かってからはそこに集中できて
いるので失敗することが大きく減りました。

「今やっていることは自分に向いているか」

これを考えてもらって、もし違うなと
思われた場合は向くような内容に変えて
自分に合った方法での取り組みにしていくことを
オススメします。

戦士はどんなに頑張っても魔法使いには
なれないですからね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です