今結果を出している人の裏ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

結果に繋がる情報を手に入れれてますか?

最近改めて思うのが「情報の質」って大事
だよねって思います。

「情報の質」というのを改めて考えてみる

日々、たくさんの情報を仕入れている方は
多いと思いますが、

じゃあ実際にその情報で売り上げは
上がっているのか?

という点ですよね。

使えない情報ばかりを仕入れてもまったく
意味がないですし

そんな変な情報で頭パンパンになって
しまったら、せっかくいい情報が入って
くるチャンスがあっても頭に入れることが
出来ません。

心当たりがある方はいますか?

というのも、会員向けにセミナーを定期的に
しているので毎月顔を合わせたり話しを
する機会があるんですね。

その時に

「前回のセミナーで話されていたことを
実践してみたら売り上げが上がりました」

というお声がよく上がります。

これは自慢とかそういうのではなく
当たり前のことを当たり前にやれば
結果って付いてくるんだなーって
感じたんですよ。

そういう方の利益率は大体40%から50%
くらいあるのですが、特にOEMとかは
してないんです。

ある部分を変えるだけでここまで変化します。

その部分はなにか?と言うと・・・

1つは『画像』です。

売り上げに直結する重要な画像を作る意味

要素はいろいろとあるので、全部お話しすると
時間がかかってしまうので詳しくはセミナー
などでお話ししたいのですが

画像を変えることが一番売り上げに直結します。

最近のAmazonは以前よりも全体のレベルが
上がってきているというのはよく聞きます。

『販売力をつけよう』

という話しをよく耳にしますが、その通り
だと僕も思います。

商品をただ右から左に流すだけ
白抜きの写真を掲載するだけ

それだけで売るのは段々難しくなってきました。

何も工夫が出来ないと、結局価格競争に
巻き込まれてしまいます。
(身に覚えがある方も多いと思います)

だから商品の魅力を伝えて売り上げを
あげる為に『販売力』が必要になって
きているわけなんですね。

『販売力』とはなにか?

これは楽天を見ていただけると分かりやすいと
思いますが、あの縦長に書かれている内容に
全てがギュッと詰まっています。

例えば

・興味を惹かれるキャッチコピー
・商品の魅力が伝わる説明文
・分かりやすい使い方
・豊富な色展開の説明

などなど・・・

要は「これいいな」と思っていただき
購入していただける率を上げる方法です。

でもよーく見ていただくと分かると
思いますが

これ全部『画像』で説明されてます。

少しの違いが大きな差を産んでしまう画像

つまり、文章やキーワードも大事ですが
『売り上げ』に直結するのは画像です。

「でもキャッチコピーは文字ですよね?」

という疑問が湧いてくるかもしれませんが
もちろん文字で訴えています。

しかし、文字もフォントや大きさ、色で
かなりインパクトが変わってきますよね。

Amazonみたいに小さい文字で書かれているより
画像で大きく書かれている方が目に入りやすい
ですし、受け取り方が変わってきます。

画像をうまく使うことで『販売力』を
上げることができます。

僕は今こうした画像加工のサービスも
展開しているのですが

『変えてから売り上げが伸びて成約率も上がりました』

というお声をよくお聞きします。

もちろん僕が提供しているので普通の画像加工ではなく

・売れる為のセールスコピーが書ける
・売れる商品の特徴をリサーチしている
・Amazonで売れやすい画像サイズにしている

というような、販売まで意識するように
デザイナーに伝えてあります。

だからこそ売り上げに差がでるというのも
ありますが^^;

Amazonではそこまで力を入れている人が
少ないので、今だったら圧倒的に勝てる
状況なんですよね。

もちろん今までみたいにどんどん全体の
レベルが上がってきて、こうした画像加工も
当たり前になってくる時期がきます。

その時になると今みたいに

・ただの転売をしている
・白抜きの画像しか使っていない
・『販売力』がない

みたいな方は確実に置いて行かれます。

多分ですが、利益率10%もあればいい方
かなって思います。
(今でもだんだん近い状態になってきていますが)

僕の画像加工サービスは会員様専用なので
一般募集はしていませんが、

そこまではしなくても、ぜひ『画像』に
関しては少しこだわってみてほしいです。

広告費でもそうですが、結果の見えないものに
お金をかけることを嫌がる人はいると思いますが
だからどんどん差が出てしまいます。

画像加工も最初は少しお金が必要になりますが
その結果、商品が5倍10倍と売れていけば
すぐに取り戻せる金額です。
(5倍10倍は大げさではなく実際に出ている数字です)

先に販売力を身につけて先行者利益をどんどん
とっていきましょー

 

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*