中国輸入代行会社を使うべき3つの理由

Pocket

代行会社は必要か?

よくそんなことを聞かれます。

代行会社に依頼すると手数料をとられてしまうし
送料も上乗せしてかかってしまいます。

中国輸入代行会社を使うのは得か損か?

更にレートも上乗せしてとられてしまうので
商品を購入するのに色々なお金が上乗せされて
商品代金が安くてもトータルで結構なお金が
発生してしまうじゃないか。

という状況をなんとかしたくて相談を
してくるんだと思います。

確かにその通りです。

会社を1つ仲介していくので料金は確実に
上がります。

中国現地のパートナーを作れば安くなるし
融通もきくようになるので、そっちの方が
効率的じゃないかと思うはずです。

代行会社に頼らず直接仕入れることで安く
出来るならそっちの方がいいんじゃないかと
思うのは当然です。

僕もそういうのはよく考えます。

しかし必ず代行会社を通して購入します。

これには色んな理由があるのですが
大きく3つの理由があります。

1:リスクヘッジ

1つはリスクヘッジです。

僕もタオバオなどのアカウントは持っていますし
直接買おうと思えば出来ます。

中国人の知り合いもいるのでパートナーとして
買い付け依頼をすることも出来ますが
そういうのは一切使いません。

安くすることでコスト削減をすることは出来るのですが
その分、不良リスクやトラブルの可能性が上がり
解決に余分な時間がかかってしまいます。

例えば、違う商品が来た場合の対応方法です。

代行会社には色んな商品を仕入れいるので
トラブル対応に強く、問題も早めに解決してくれます。

あまりこちらに情報は来ないのですが、代行会社では
日々仕入れ関係で大小様々なトラブルが起きています。

それらを自動的に解決してくれ、スムーズに商品を
日本に発送してくれるので、その手間暇やコストを
考えたら代行会社に依頼した方が結果的に安くなります。

2:物理的な問題

2つ目は物理的な問題です。

例えば、現地にいる中国人パートナーに買い付けを
依頼したとしても大量に購入した場合置く場所が
ありません。

倉庫を持っている人ならまだしも、個人が何千個、
何万個も置けるような倉庫を持っているのかと
聞かれれば疑問です。

また、仮に持っていたとしてもそれを全て一人で
検品するのに時間がかなりかかってしまうので
商品が送られてくるまでに時間がかかります。

到着が遅れれば遅れるほど売り上げに影響する時も
ありますし、検品にムラがあれば心配になって
日本でも検品をしなければいけなくなります。

結果的に時間的にも金銭的にもコストがかかるので
あまり賢い選択とは言えません。

3:仕入先との関係性作り

3つ目は仕入先との関係性作りです。

代行会社を使う1番のメリットはここにあると
僕は思っています。

長期的にビジネスを続ける為には、ただ商品を
仕入れるだけではなく工場側との良好な関係を
作る必要があります。

ただ、多少多く発注をしていたとしても
あなた以上の金額を発注している人は
たくさんいるので毎月何百万程度の発注額では
相手にもされません。

しかし、代行会社を使えば別です。

代行会社はあなた以外の他の方の仕入れも
色んな場所でしているので単純に全体での
仕入れ量が非常に多くあります。

毎日色んな場所で大量に買い付けを行っている
会社という見え方です。

もちろん工場側も仲介ビジネスをしていると
いうのは分かっているので簡単に騙されは
しませんが複数のお客様からの発注を
期待出来るので無視するわけにもいきません。

個人での取引よりも工場側にメリットが
あるので交渉に応じてくれやすいんですね。

また、代行会社は他のお客様を通じての
人脈を持っていたり、いい工場を知っていたり
するので工場とのパイプを強くすることが
出来るようになります。

もちろん工場との好条件を引き出すノウハウも
持っているのでこちらが素人でも安心出来ます。

こうした多くのメリットがあるので僕は
代行会社を使用した方がいいと思っています。

もちろん人が求めるのは1つではないので
とにかく価格を抑えたいという理由で
パートナーや自分のみで買い付けをしても
いいと思います。

正解はないので自分に合うスタイルを
確立させるのがいいですね。

ただ、今回お伝えした3つの内容、特に
3つ目の工場とのパイプについては
長く安定的に続けていく為には非常に
重要なポイントだと思っています。

しかし注意点が1つだけあって
全ての代行会社が工場とのパイプを持って
いたりノウハウを持っていたりするわけでは
ありません。

そうした代行会社は長く代行会社をしていたり
中国現地で人脈をコツコツ作っているところ
だけです。

中国は人脈社会なのでコネが全てという面もあります。

いい工場を見つける為にはいい人脈を持って
いないと巡り会えないわけです。

ほとんどの代行会社が「購入代行」をしているだけの
買い付け代行会社なのでタオバオやアリババから
商品は変えても本格的なビジネスをすることは出来ません。

工場との交渉が出来る、本格的なビジネスをしている
代行会社は全体の1割もないので注意してください。

なんちゃって代行会社はただの買い付けなら
大丈夫ですが税関で少しトラブルが発生したり
少し難しい状況になると全く役に立ちません。

オススメの代行会社を紹介していきたいのですが
優遇してもらう為の利用方法などもあるので
今度別の形でお伝えするようにしていきますね。

長く安定したビジネスを続けていく為には必須だと
思っているので、あまり意識していなかった場合は
ここも少しずつ意識してみるようにしてみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です